野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

自己最多13勝目のホークス千賀、7回2死満塁で頭をよぎった1年前の光景

笑顔はなかった。自身のキャリアハイとなる13勝目をマークしても、ソフトバンク千賀滉大投手の表情は浮かなかった。9日のロッテ戦(ZOZOマリン)。7回6安打1失点の好投で、チームを勝利に導いても、千賀の口からは反省が並んだ。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

1点リードの7回2死満塁を空振り三振も「納得できるピッチングじゃない」

 笑顔はなかった。自身のキャリアハイとなる13勝目をマークしても、ソフトバンク千賀滉大投手の表情は浮かなかった。9日のロッテ戦(ZOZOマリン)。7回6安打1失点の好投で、チームを勝利に導いても、千賀の口からは反省が並んだ。

「今日はフォークが良くなかったですね。なんとか粘れたかなと思います。今日は何とかという感じでした」

 初回、いきなり先頭の加藤に中前安打を許したが、続く荻野貴を遊ゴロ併殺に。2点リードの5回には先頭の角中に右中間を破られる二塁打を浴び、2死から田村に適時打を許し、1点差と迫られた。7回には2死満塁とされるも、加藤を空振り三振に切って、何とか窮地を脱した。

「納得できるピッチングじゃない。チームが勝ったのが1番ですけど…。次、その次に向けていい準備ができるように取り組めれば、と思います」。昨季を上回る13勝目となったが、この日のピッチングには満足できなかった。

 その千賀。試合中に、あることが頭をよぎったという。

「去年と同じようなシチュエーションで、ここで四球を出すんちゃうかなと思いましたけどね」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中