野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

森、坂田、呉…悔しさを糧に、シーズン終盤に気を吐く西武“左の若獅子”

シーズン終盤戦、リーグ2位争いを何としてもものにしたい現在2位の埼玉西武。春から戦い抜いている主力選手に疲労が目立ち始める中、ファームから昇格した3人の左打者がそれぞれ存在感を見せつけている。ここでは、終盤戦のキーマンとなる可能性を秘めた3選手を取り上げていきたい。

西武・森友哉【写真:編集部】
西武・森友哉【写真:編集部】

2位争いを繰り広げる西武、森は復帰後22試合で打率.362と絶好調

 シーズン終盤戦、リーグ2位争いを何としてもものにしたい現在2位の埼玉西武。春から戦い抜いている主力選手に疲労が目立ち始める中、ファームから昇格した3人の左打者がそれぞれ存在感を見せつけている。ここでは、終盤戦のキーマンとなる可能性を秘めた3選手を取り上げていきたい。

 1人目は、怪我からの復帰を果たした森だ。昨季は107試合に出場し、打率.292、10本塁打という好成績を残した森は、今季も主力としての活躍が期待されていた。しかし、開幕前に左肘を骨折。長期離脱を余儀なくされ、「思い通りにできない日が続いて、(気持ちの)浮き沈みが激しい時期が長かった」と語るほど、もどかしい日々を過ごした。

 しかし、8月8日にファームで約5か月ぶりとなる実戦復帰を果たすと、復帰2戦目で豪快なアーチを描く。3戦目でも快音を響かせ、即1軍昇格を決めた。スタメンで出場した8月15日の楽天戦では、ファンの大歓声に迎えられて向かった第1打席、「初球はフルスイングすると決めていた」との言葉通りに初球を振り抜く。打球は鋭く二遊間を破り、復帰を待ちわびたファンの期待に最高の形で応えた。

 翌日の試合では早くも今季第1号となる本塁打を放つなど、ブランクを感じさせない状態の良さを見せつける。以降も活躍を続け、9月9日時点で22試合69打数25安打、打率.362と好調を維持。帰ってきた小さな好打者の活躍から、これからも目が離せない。

 2人目は、覚醒が待たれる「アニキ」こと坂田だ。この愛称は栗山が「お兄ちゃんぽいから」との理由で命名したものであり、実は「左のおかわりくん」の異名以上にチームに浸透している。昨季はオープン戦の絶好調を買われて見事に開幕スタメンを勝ち取ったものの、公式戦の舞台では大きく調子を崩し、5月以降はファームを主戦場とした。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中