野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神、連夜のサヨナラ勝ち 代打・伊藤隼が劇打、3位DeNAを3タテで6.5差

阪神は10日、本拠地DeNA戦で7-6で勝利。同点の9回に伊藤隼が劇的な一打を放ち、連夜のサヨナラ勝ちを飾った。3位DeNAに3連勝で、ゲーム差を「6.5」まで広げた。

前日の鳥谷に続いてサヨナラ打、がっちりと“2位固め”

 阪神は10日、本拠地DeNA戦で7-6で勝利。同点の9回に伊藤隼が劇的な一打を放ち、連夜のサヨナラ勝ちを飾った。3位DeNAに3連勝で、ゲーム差を「6.5」まで広げた。

 試合は序盤から点の取り合いに。阪神は1点を追う3回、大山のタイムリー、坂本の押し出し四球で勝ち越した。さらに、4回には糸井のソロ弾で2点差に。しかし、DeNAは6回に桑原のタイムリーで1点差とすると、7回には梶原が逆転2ラン…かと思われたが、打球はライトポールの右を通過しており、リプレー検証でファウルに。しかし、この回、鳥谷の適時失策で同点となった。

 8回はお互いが1点ずつを取り合い、6-6で9回に。阪神は1死満塁の好機を作るも、大山は3球三振。しかし、代打・伊藤隼が三上からライトオーバーのサヨナラ打を放った。

 前日は鳥谷のサヨナラ打で勝っていた阪神。連夜のサヨナラ勝利でDeNAを3タテ。大きくゲーム差を広げた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中