野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、カナダとの3位決定戦で4点先制 清宮が今大会初タイムリー

侍ジャパンU-18代表は10日(日本時間11日午前1時開始)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の3位決定戦でカナダと対戦。3回に清宮の今大会初タイムリーなどで4点を先制した。

侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】
侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】

櫻井の犠飛や相手のミスで3回に4点奪取

 侍ジャパンU-18代表は10日(日本時間11日午前1時開始)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の3位決定戦でカナダと対戦。3回に清宮の今大会初タイムリーなどで4点を先制した。

侍ジャパンU-18代表、3位決定戦勝利で有終の美 清宮主将「いいチームになった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本はこの回、先頭・小園がライト前ヒットで出塁すると、暴投で二塁へ。続く藤原のゴロを相手セカンドが後逸し、小園が生還した。続く伊藤のニゴロをセカンドで二塁に送るも、セーフで一、二塁。安田は四球で満塁となり、清宮に絶好機で打席が回った。

 ここで相手が暴投。藤原が2点目のホームを踏んだ。清宮は追い込まれてからファウルで粘り、カウント2-2から変化球をセンター前に運ぶ。伊藤が悠々と生還した。さらに、続く櫻井は左犠飛。この回4点を奪った。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中