野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA、広島撃破で3位守る ウィーランド気迫の6回1失点&救援陣も無失点

リーグ4位の巨人にゲーム差なしまで迫られている同3位のDeNAは12日、優勝へのマジックを「5」まで減らしている広島と対戦。3-1で勝利した。

倉本が2点タイムリー、巨人にゲーム差なしに迫られる中で勝利

 リーグ4位の巨人にゲーム差なしまで迫られている同3位のDeNAは12日、優勝へのマジックを「5」まで減らしている広島と対戦。3-1で勝利した。

 1回は広島のエース、野村の前に3者凡退に終わったが、2回にロペスの三ゴロと思われた打球を、西川が捕球ミス。先頭打者が出塁すると宮崎、梶谷の連続で満塁とすると嶺井が押し出し死球。ウィーランドはライトフライも、倉本のライナーはファーストの安部のグラブを弾く2点二塁打となった。「捕られるかと思いましたが、タイムリーヒットになってよかったです」と倉本。3点を先取した。

 3回にはロペスのライト線への二塁打と2四球で1死満塁としたが、嶺井は捕ゴロ併殺打に倒れた。それでも野村が制球に苦しんだこともあり、5回で降板させることに成功した。

 先発のウィーランドは気迫の投球を披露した。1回に田中、菊池を連続三振に斬る上々のスタート。5回には先頭の會澤に中前打を許し、代打・バティスタの強烈なライナーを右足スパイクに当てながらも投ゴロに。ウィーランドは首脳陣が心配するなか続く田中、菊池を連続三振に仕留めた。6回に丸に本塁打を浴びて1点を失ったが、十分に試合を作ってリリーフ陣に勝利を託した。

 その後は7回を田中健、8回をエスコバー、9回を山崎康が無失点でつなぎ、3連戦の第1ラウンドを制した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中