野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム大谷、“尻餅”つかせたスライダーが米に衝撃「卑劣」「17歳未満閲覧禁止」

日本ハムの大谷翔平投手が、12日の本拠地・楽天戦で5回2/3を1安打無失点4奪三振3四球と好投し、今季初勝利を挙げた。9月28日の西武戦以来、実に349日ぶりの白星。

楽天戦に先発登板した日本ハム・大谷翔平【写真:(C)PLM】
楽天戦に先発登板した日本ハム・大谷翔平【写真:(C)PLM】

163キロをマークし今季初勝利も…「全くもってアンフェアなスライダー」が話題に

 日本ハムの大谷翔平投手が、12日の本拠地・楽天戦で5回2/3を1安打無失点4奪三振3四球と好投し、今季初勝利を挙げた。9月28日の西武戦以来、実に349日ぶりの白星。メジャーリーグのスカウト16球団32人が視察に訪れ、米国でも注目が集まったこの日の投球を米メディアも続々と取り上げた。2回には今季最速の163キロをマークしたが、米メディアは5回に投じられた「卑劣なスライダー」を大きく取り上げている。

侍ジャパンの4番に定着できるか 山崎武司氏が山川にかける期待「先輩に追いつき、追い越せで」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 大谷はこの試合、2回1死一、二塁で迎えた茂木への3球目の外角への直球で今季最速163キロをマーク。160キロ以上を6球計測したが、米メディアが衝撃を受けたのは、5回2死で島内に対して投じたスライダーだったようだ。カウント2-2からファウルで粘られると、8球目のスライダーは鋭く曲がって内角へ。バットは空を切り、あまりの変化に島内は空振り後に尻餅をついた。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「全くもってアンフェアなスライダーを放つ大谷を見よ」と特集記事を掲載。この場面の動画を紹介している。さらに、「火曜の試合ではそれだけでなく、彼は自身のNPB最速記録にあと1キロ(実際は2キロ)に迫る球を投げた」と163キロを投じたことについても言及。「速球とえげつない変化球が出たことで、この試合で唯一欠けていた“大谷三冠”はホームランだった」と二刀流右腕の活躍ぶりを伝えた。

人気記事ランキング