野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ競り負け、福良監督が嘆いた6回の攻撃「追いついたけど、追い越さないと」

オリックスは一度は試合を振り出しに戻しながらも、競り負けた。14日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。3点のビハインドから6回に同点としたが、その直後に再度突き放されての敗戦。福良淳一監督は「追いついたけど、追い越さないとダメですよね」と同点止まりに終わった6回の攻撃を嘆いた。

オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】

先発のディクソンにも渋い表情「やられだしたら止まらない」

 オリックスは一度は試合を振り出しに戻しながらも、競り負けた。14日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。3点のビハインドから6回に同点としたが、その直後に再度突き放されての敗戦。福良淳一監督は「追いついたけど、追い越さないとダメですよね」と同点止まりに終わった6回の攻撃を嘆いた。

 3点ビハインドで迎えた、この回。ソフトバンク2番手・石川の3連続四球で1死満塁とすると、小谷野が右中間を破る走者一掃の適時二塁打を放って同点とした。なおも、1死二塁と勝ち越しのチャンス。だが、続く中島が空振り三振、安達が遊ゴロに倒れて同点止まりに終わると、その裏に金田がつかまって2点を勝ち越された。

 先発のディクソンは、先制した直後の4回にデスパイネに2ランを浴びるなど、3点を失ってKO。指揮官は「あんまり良くなかった、立ち上がりから。良くないときの立ち上がりでしたよね、ゼロでは抑えていたけど。ディクソンの場合、やられだしたら止まらない。どうしてもビッグイニングになってしまう」と、助っ人右腕の投球に渋い表情だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中