野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス川崎がCS、日本シリーズ出場に意欲「諦めずにやっていきたい」

チームを離れている主力たちも、歓喜の輪に加わった。

ソフトバンク・川崎宗則【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・川崎宗則【写真:藤浦一都】

内川、長谷川、松本と敵地に駆けつけ、リーグV胴上げと祝勝会に参加

 チームを離れている主力たちも、歓喜の輪に加わった。ソフトバンクが2年ぶりの優勝を決めた16日の西武戦。メットライフドームには、負傷離脱中のキャプテン内川聖一、川崎宗則、ファームで調整中の選手会長の長谷川勇也、松本裕樹の4選手も駆けつけ、胴上げ、祝勝会に加わった。

 両アキレス腱痛でファームで調整中の川崎。今季、開幕直後に、米MLBカブスからフリーエージェントとなり、6年ぶりにソフトバンクに復帰した。カブスでワールドシリーズを制覇した昨季に続き、2年連続で日米で歓喜の瞬間を味わい「嬉しいですね。今年もこういう輪にいられるのは、そんなことはなかなかないから嬉しいですね。みんなの頑張りのおかげで、元気をもらいました」と語った。

 患部は徐々に回復しており、近く実戦復帰する可能性もある。「CS、日本シリーズに向けて、諦めずにやっていきたい」と話していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中