野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

主力に負傷者続出も2年ぶり18度目V ソフトバンク栄冠への軌跡

9月16日、福岡ソフトバンクがメットライフドームで埼玉西武を破り、2015年以来18回目のパ・リーグ優勝を果たした。現在リーグ2位の埼玉西武が破竹の13連勝を決め、3位の楽天は開幕から首位を快走するなど、熾烈な優勝争いが繰り広げられたが、結果的には2位に14.5ゲーム差をつけて、昨季の雪辱を晴らした。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

序盤は接戦も、最終的には2位に14.5ゲーム差と圧勝

 9月16日、福岡ソフトバンクがメットライフドームで埼玉西武を破り、2015年以来18回目のパ・リーグ優勝を果たした。現在リーグ2位の埼玉西武が破竹の13連勝を決め、3位の楽天は開幕から首位を快走するなど、熾烈な優勝争いが繰り広げられたが、結果的には2位に14.5ゲーム差をつけて、昨季の雪辱を晴らした。

元福岡ソフトバンク右腕・斉藤和巳氏が心に置く育成の基礎「失敗しろ、1つの成功を喜べ」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 それでも主力に離脱者が続出し、開幕直後は連敗も経験。優勝までの道のりは決して平坦なものとは言えなかった。紆余曲折を経て、パ・リーグの頂にたどり着いた今季の福岡ソフトバンクの軌跡を、簡単に振り返りたい。

○月間成績
【3・4月】26試合14勝12敗0分 勝率.538 4位
【5月】25試合18勝7敗0分 勝率.720 2位
【6月】23試合15勝8敗0分 勝率.652 2位
【7月】20試合15勝5敗0分 勝率.750 2位
【8月】25試合17勝8敗0分 勝率.680 1位
【9月】11試合10勝1敗0分 勝率.910 1位

 開幕直前、第4回「ワールド・ベースボール・クラシック」に出場したスアレスが利き腕を負傷。今季中の復帰が絶望的になり、昨季58試合に登板した頼れる右腕を欠くという最初の試練が訪れる。ただ、千葉ロッテとの開幕戦ではエース和田が涌井に投げ勝ち、これを皮切りに3連勝と上々のスタート。4月1日にはカブスの川崎選手が日本球界に復帰し、話題を集めた。

 しかし、4月4日、楽天との最初のカード初戦、第4回WBCでベストナインに選ばれた千賀が打ち込まれ、楽天が開幕4連勝。ここから楽天の長期間に渡る怒涛の快進撃が始まり、首位を快走する楽天を、福岡ソフトバンクを含めた5球団が追う構図ができあがる。一方、福岡ソフトバンクは本多が捻挫、武田が右肩炎症で離脱し、今季最長の4連敗。悪い流れに飲み込まれる中、和田までもが左肘の炎症で戦線を離れることになった。

 さらに5月16日には、千賀が試合中に背中の張りを訴えて緊急降板。チームはローテーションの柱となる3投手が負傷で離脱するという、非常に苦しい状態での戦いを余儀なくされる。しかし、この窮地を現有戦力のやりくりで乗り切ったことが、福岡ソフトバンクの層の厚さを物語っているだろう。同17日のオリックス戦、同23日の千葉ロッテ戦では、昨季キャリアハイの成績を残した東浜がチームのピンチを救う快投を披露し、事実上先発陣の大黒柱となる。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中