野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドジャース残留の可能性は低い? 今オフFAダルビッシュ、地元記者の目

メジャーは残すところ2週間。10月から始まるプレーオフ進出も決まり始めた。前田健太投手とダルビッシュ有投手を擁するドジャースは、リーグ優勝こそ決まっていないが、現地16日までに96勝を挙げ、プレーオフ進出権を手に入れた。1988年以来29年ぶりのワールドシリーズ優勝を目標に、ここからさらに厳しい戦いが待っているが、悲願の世界一と同時に来季以降の戦力について気に掛けるファンは多い。その中でも、ドジャースファンが最も知りたいのは、7月31日にトレード移籍してきたダルビッシュの去就だろう。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

番記者8年、現在コラムニストのLAタイムス・ヘルナンデス記者が大胆予想

 メジャーは残すところ2週間。10月から始まるプレーオフ進出も決まり始めた。前田健太投手とダルビッシュ有投手を擁するドジャースは、リーグ優勝こそ決まっていないが、現地16日までに96勝を挙げ、プレーオフ進出権を手に入れた。1988年以来29年ぶりのワールドシリーズ優勝を目標に、ここからさらに厳しい戦いが待っているが、悲願の世界一と同時に来季以降の戦力について気に掛けるファンは多い。その中でも、ドジャースファンが最も知りたいのは、7月31日にトレード移籍してきたダルビッシュの去就だろう。

今後も守り抜く「日本の伝統」 アジア制覇の侍ジャパン社会人代表、勝因は守備力(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今季終了後にフリーエージェントとなる日本人右腕は、5年半を過ごしたレンジャーズから、7月31日にドジャースへトレードされた。今オフFA市場を賑わす目玉投手の1人で、大型契約を結ぶことが予想されている。現地では契約は1年2500万~3000万ドル(約27億6800万~33億2200万円)に及び、ダルビッシュの代理人は5年以上の長期契約を要求するだろうと見られている。

 どの球団にとっても、先発投手の層は厚くなりすぎることはない。先発ローテ上位で活躍できるであろうダルビッシュがFA市場に出れば、複数球団が獲得に乗り出すことは間違いないはずだ。

 ダルビッシュはこのままドジャースに残るのではないかという一部専門家の声も聞こえるが、地元紙「LAタイムス」で8年ドジャースの番記者を務め、現在は同紙コラムニストのディラン・ヘルナンデス記者は「ドジャースは契約しないでしょう」と大胆予測した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中