野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクVS西武で好守連発、山川、中村、今宮が一歩も譲らぬ美技披露

17日にメットライフドームで行われた西武vsソフトバンクの試合は、前日の試合でソフトバンクの2年ぶりの優勝が決まったばかりとは思えないほど、好守のオンパレードとなった。

守備の名手・今宮は打球に飛びつき、一回転して送球→アウト

 17日にメットライフドームで行われた西武vsソフトバンクの試合は、前日の試合でソフトバンクの2年ぶりの優勝が決まったばかりとは思えないほど、好守のオンパレードとなった。

 まず魅せたのは、西武の山川。1点をリードして迎えた3回表だった。先発の多和田が死球と四球を与え、2死一、三塁と同点のピンチ。ここでソフトバンク柳田が放った打球は、一塁前に転がるボテボテのゴロとなった。

 一塁を守る山川は打球に向かって猛ダッシュし、二塁側から回り込みながら捕球してスペースを作ると、そのまま一塁カバーに入った多和田にグラブトス。俊足を誇る柳田よりも、多和田の足が一瞬早くベースを踏み、間一髪でアウトを奪った。
 
 お次はソフトバンクの中村晃。同点機を山川の好守で阻まれた直後の3回裏だった。2死一、三塁の失点危機で、西武の浅村が放った打球は、遊撃、左翼、中堅の間へ落ちそうな浅いフライになった。左翼の中村晃は落下点へと猛然とダッシュ。打球に向かって勢いよくダイビングし、逆シングルの難しい体勢で地面スレスレの位置でボールを掴み取った。

 これに続いたのが、ソフトバンクの名手・今宮。6回1死で山川が放った打球は、高いバウンドで千賀の頭上を越えて、二遊間へ。打球はそのままセンターへ抜けるかと思われたが、二塁ベース後方へと走った今宮は、打球が弾んできた難しいバウンドに合わせて左腕を伸ばしてキャッチ。その勢いで一回転し、一塁へと送ってアウトを奪う、スーパープレーを完成させた。

 好守の光る締まった試合は、西武が1-0でリードしたまま、終盤に突入した。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中