野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス和田、CSでの対戦想定で臨む西武戦「最後まで走り抜くことが大事」

ソフトバンクの和田毅投手が、18日の西武戦(メットライフD)で先発する。

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

2年ぶりリーグVも長期離脱で「優勝させてもらったという気持ち」

 ソフトバンクの和田毅投手が、18日の西武戦(メットライフD)で先発する。リーグ優勝を決めた16日から一夜明け、17日はキャッチボールなどで調整した左腕は「(優勝できたことは)嬉しいです。昨年、優勝を逃して悔しい1年の中で、昨年の悔しさの分も今年優勝という形で達成することはできた。ただ、これで終わりではないので、その先がまだまだある。そこに向けて最後まで走り抜くことが大事だと思いますし、ようやくそこで昨年の悔しさを晴らせると思う」と話し、あくまでも目標は日本一であることを強調した。

元福岡ソフトバンク右腕・斉藤和巳氏が心に置く育成の基礎「失敗しろ、1つの成功を喜べ」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 リーグ優勝を決めたとはいえ、相手の西武は2位。日本シリーズ進出を懸けて戦うクライマックスシリーズで再び対戦する可能性がある。「CSで対戦する時に『和田はいける』と思われたくない。そうならないように『手強いぞ』と思われるようなピッチングをできれば、と思います。(CSで)当たることも考えて、配球面はこれから話すと思います」と、ポストシーズンを見据えたピッチングも頭の中に置いて、マウンドに上がる。

 前日の優勝決定直後には「今年はほとんど投げていないので、優勝させてもらったという気持ち。そこ(ポストシーズン)で結果を残せるようにやっていきたい」と話した和田。欲しいのは、日本一の座。そこにたどり着くまで、百戦錬磨のベテラン左腕に気を抜く暇はない。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中