西武打線が怒濤の攻撃、ホークス和田から4本の長短打と犠飛で4点を先制

ソフトバンク戦でタイムリーを放つ西武・森友哉【写真:(C)PLM】
ソフトバンク戦でタイムリーを放つ西武・森友哉【写真:(C)PLM】

1点先制直後の1死二、三塁で、森が右中間を破る2点三塁打

 西武が怒涛の攻撃を浴びせかけた。18日のソフトバンク戦(メットライフ)。ソフトバンク先発の和田に、初回に強烈な先制パンチを見舞った。

 先頭の秋山が初球を左前安打とすると、続く源田は4球目を左前に運んだ。続く浅村が初球を中前に弾き返して適時打とし、わずか6球で先制点を挙げた。

 さらに1死二、三塁で森が右中間を破る適時三塁打を放って2点を加えると、栗山にも左犠飛が出て、初回に一気4点を掴み、先発のウルフに援護を送った。

【動画】炎獅子打線が和田を攻める! 森の2点タイムリー

RECOMMEND

CATEGORY