野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロ初勝利のハム吉田、憧れは高校の先輩・上原浩治「雑草魂を胸に刻んで」

日本ハムの2年目右腕・吉田侑樹投手が18日、本拠地でのオリックス戦でプロ初勝利を挙げた。初めて上がったお立ち台では、札幌まで応援に駆けつけた両親に向かって「ご両親! 勝ちました!」と叫んでスタンドを沸かせた。

日本ハム・吉田侑樹【写真:(C)PLM】
日本ハム・吉田侑樹【写真:(C)PLM】

オリックス戦で7回5安打1失点の好投「ご両親! 勝ちました!」

 日本ハムの2年目右腕・吉田侑樹投手が18日、本拠地でのオリックス戦でプロ初勝利を挙げた。

 初回に4点の援護をもらうと、キレのある直球を主体にして攻め続け、7回5安打1失点の好投。初めて上がったお立ち台では、札幌まで応援に駆けつけた両親に向かって「ご両親! 勝ちました!」と叫んでスタンドを沸かせた。

 この日を待っていた。「去年1年間1軍に上がれなかったので、長かったですね」とホッと息をついた吉田。加藤貴之投手と井口和朋投手は1年目から1軍登板し、今季は上原健太投手がプロ初勝利、横尾俊建内野手がプロ初アーチと同期に遅れを取っていた。「自分だけ取り残されていたので、絶対に見返したいと思っていました」と負けん気の強さを見せた。

 過去3試合の経験を生かした。プロ初登板初先発となった4月14日楽天戦では5回途中7安打3失点で負け投手になった。7月20日楽天戦では5回5安打無失点ながら勝ち負けつかず。同31日ソフトバンク戦では3回途中7安打5失点でKOされ、2敗目を喫した。

「今まで1軍マウンドで力みすぎていたので、力を抜いて軽い気持ちでというのが良かったと思います。2軍でも力感なく投げている時はいい感じだったので」とこの日の投球を自己分析した。序盤3点の援護をもらいながら5失点した前回ソフトバンク戦の反省も生かした。「今日は常に同点のつもりで、守りに入らないピッチングを心がけました」と振り返った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中