野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

昇格後初打席、初球をV弾 塚田の一発に見るホークス選手層の厚さ

アクシデントを跳ね返した。20日の日本ハム戦(札幌D)。2年ぶりのリーグ優勝を決めているソフトバンクは、主砲の柳田、デスパイネを途中交代で欠きながらも、4-1で逆転勝ち。改めて層の厚さを感じさせる試合だった。

ソフトバンク・塚田正義【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・塚田正義【写真:荒川祐史】

デスパイネの代打で貴重な一発

 アクシデントを跳ね返した。20日の日本ハム戦(札幌D)。2年ぶりのリーグ優勝を決めているソフトバンクは、主砲の柳田、デスパイネを途中交代で欠きながらも、4-1で逆転勝ち。改めて層の厚さを感じさせる試合だった。

 この日のヒーローは、6年目の塚田正義だった。

 1-1の同点で迎えた7回。1死走者なしの場面で、打席に立った。本塁打、打点の2冠に立っているデスパイネの代打だった。

 同点の場面にもかかわらず、チームを核を担うキューバ人助っ人への代打。敵地が騒つく中で、日本ハム先発の上沢との対戦した。その初球。真ん中低めへのカーブだった。

「初球から積極的に行こうと思っていました。(カーブは)狙っていないです。真っ直ぐ狙いでした」

 狙いとは違ったが、反応した。快音を残した打球は左翼スタンドへ。勝ち越しの2号ソロとなり、これが決勝点となった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中