野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトBの2軍戦で川崎&内川が実戦復帰 ドラ1田中がウエスタン初登板

23日にタマスタ筑後で行われたウエスタンリーグのソフトバンク-阪神戦が、豪華な顔ぶれとなった。この日、負傷離脱していたソフトバンクの内川聖一内野手、川崎宗則内野手が揃って実戦に復帰。先発マウンドにはドラフト1位ルーキーの田中正義投手が上がった。

ソフトバンク・川崎宗則【画像:(C)PLM】
ソフトバンク・川崎宗則【画像:(C)PLM】

川崎は初球先頭打者弾の後に負傷交代

 23日にタマスタ筑後で行われたウエスタンリーグのソフトバンク-阪神戦が、豪華な顔ぶれとなった。この日、負傷離脱していたソフトバンクの内川聖一内野手、川崎宗則内野手が揃って実戦に復帰。先発マウンドにはドラフト1位ルーキーの田中正義投手が上がった。

 7月23日のロッテ戦で打球を処理した際に打球を左手首付近に当て「左手母子基節骨尺側基部の剥離骨折」で離脱していた内川は「4番・指名打者」でスタメンに名を連ねた。初回2死で迎えた第1打席は三塁正面を突くライナー。4回1死での第2打席は右飛に倒れ、復帰戦は2打数無安打だった。

 また、両アキレス腱痛で離脱している川崎は「1番・二塁」で先発。初回の第1打席に初球先頭打者本塁打を放ったものの、走り出した際に足を攣った模様で、その直後の守備で交代を告げられた。復帰戦でまさかのアクシデントに見舞われた。

 この日は、ドラフト1位ルーキーの田中正義投手が先発マウンドに立ち、公式戦デビューを飾った。初のウエスタンリーグ登板は、3回を投げて2安打2失点、ストレートの最速は149キロだった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中