野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、大谷翔平が「最もフィットする球団は」? 米メディアが予想

今オフ、メジャーリーグのフリーエージェント(FA)市場はダルビッシュ有投手を中心に動くと見られている。6年契約の最終年の今季、レンジャーズ、ドジャースの2チームで30試合に登板して9勝12敗、防御率3.96。苦しんだ時期もあったが、依然として評価は高い。

日本ハム・大谷翔平(左)とドジャース・ダルビッシュ有【写真:田口有史】
日本ハム・大谷翔平(左)とドジャース・ダルビッシュ有【写真:田口有史】

FA市場で最大の注目を浴びるダルビッシュは「依然優秀」

 今オフ、メジャーリーグのフリーエージェント(FA)市場はダルビッシュ有投手を中心に動くと見られている。6年契約の最終年の今季、レンジャーズ、ドジャースの2チームで30試合に登板して9勝12敗、防御率3.96。苦しんだ時期もあったが、依然として評価は高い。

 また、日本ハムの大谷翔平投手はポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦に踏み切る可能性もあり、米メディアの報道はすでに過熱気味。MLB球団のスカウトも、大谷の先発ゲームに大挙して視察に訪れている。現行のポスティングシステムでは、2000万ドル(約22億4000万円)の譲渡金を支払う全てのチームと交渉が可能であるという点で、実質、FAと変わりはない。23歳の大谷の場合は、新労使協定のもとではマイナー契約しか認められず、大金がかかることはないため、大争奪戦に発展すると見られている。その去就は、FA市場にも大きな影響を与えそうだ。

 米メディア「ブリーチャー・レポート」では、今オフ注目のFA選手がそれぞれどのチームにフィットするかを検証した特集記事を掲載。ダルビッシュ、大谷の名前も当然、登場している。

 ダルビッシュについては、ブレーブスが獲得すべきと記事では訴えている。「ブレーブスは虎視眈々と一線級の先発投手獲得に動いている。過去にはクリス・セール、ホセ・キンタナ、ソニー・グレイ、クリス・アーチャーといった選手の獲得に動いており、大型トレードを獲得するためのプロスペクトも取り揃えている」と指摘しつつ、「しかし、可能であればそういった若手選手を手元に残しておきたいというのも間違いない」と言及。そこで、トレードのように若手選手を放出せず、FAで獲得できるダルビッシュが最適というわけだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中