野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム大谷、驚愕の勝ち越し弾 弾丸ライナーで右中間席上段に突き刺さる

日本ハムの大谷翔平投手が23日のロッテ戦で驚愕の本塁打を放った。

打った瞬間に本塁打と確信? 「打てる球を積極的に打ちにいきました」

 日本ハムの大谷翔平投手が23日のロッテ戦で驚愕の本塁打を放った。

 この日は「3番・DH」で先発した大谷。3打席目までは無安打だったが、3-3で迎えた8回に衝撃的なバッティングを見せた。1死走者なしで打席に立つと、2ボール1ストライクからロッテ2番手・有吉の真ん中付近へのシュートをフルスイング。打球は弾丸ライナーで右中間席上段に突き刺さった。

 打った瞬間にそれと分かる完璧な一発。大谷もバットを振り切った後、本塁打と確信してゆっくり歩きだすほどの当たりだった。

 本人は「チェンジアップかシュートだと思います。2ボール1ストライクのカウントだったので、ストライクゾーンの打てる球を積極的に打ちにいきました。勝ち越せてよかったです」とコメント。今季8本塁打目は、場内騒然の勝ち越し弾だった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中