野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 阪神が1位キープ NPB観客動員、実数発表後初の2500万人突破なるか

阪神が1位キープ NPB観客動員、実数発表後初の2500万人突破なるか

プロ野球は9月23日に日程を終えて、今年806試合を消化した。残り52試合の時点で、観客動員は2360万1398人。NPBが実数で観客動員を発表してから初めて2500万人動員となるかどうか注目される。

2017シーズンここまでの観客動員数1位は阪神となっている
2017シーズンここまでの観客動員数1位は阪神となっている

残り52試合で約140万人

 プロ野球は9月23日に日程を終えて、今年806試合を消化した。残り52試合の時点で、観客動員は2360万1398人。NPBが実数で観客動員を発表してから初めて2500万人動員となるかどうか注目される。

 NPBは、2004年まで観客動員数は各球団の発表に任せていたが、2005年から実数発表に切り替えた。観客数の解釈は球団により異なるが、より実態に近くなったと言われる。NPBの観客動員は2015年に2423万6920人を記録し、実数発表以前の最多記録である1997年の2349万6000人を抜き史上最多となった。

 翌2016年はさらに観客動員を伸ばし2498万1514人に。あと1.8万人で2500万人というところまで迫った。

 今季は、残り52試合で2500万人まで139万8602人。1試合平均2万6896人を動員すれば、大台をクリアする。今季のNPBの平均観客動員は2万9282人だから、十分可能に見えるが、残り試合のうち30試合はパ・リーグ。パの平均観客動員は2万5806人、セは22試合、平均観客動員は3万2689人だから微妙なところだ。消化試合が多くなるうえに、日程もとびとびになる。観客動員を目指す上では難しい条件が揃っているが、どこまで迫ることができるだろうか。

 以下は12球団の現時点での観客動員と平均観客数(%は平均観客数の昨年比)。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中