野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「1球1球、大切に」―ソフトB工藤監督が見た、摂津好投の要因

シーズン最終盤で見せたベテランの意地だったのか。ソフトバンクの摂津正投手。約4か月ぶりの1軍先発マウンドとなった24日の楽天戦(ヤフオクD)で、工藤公康監督も「素晴らしいピッチングだった」と認める快投を披露した。

ソフトバンク・摂津正【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・摂津正【写真:藤浦一都】

7回途中2失点に「素晴らしい投球だった」、4か月のファーム生活でどこに変化が?

 シーズン最終盤で見せたベテランの意地だったのか。ソフトバンクの摂津正投手。約4か月ぶりの1軍先発マウンドとなった24日の楽天戦(ヤフオクD)で、工藤公康監督も「素晴らしいピッチングだった」と認める快投を披露した。

 結果から言えば、7回途中4安打2失点。白星も、黒星もつかなかった。初回は連続三振から3者凡退に仕留めて滑り出すと、走者は出しながらも、楽天打線から凡打の山を築き、6回までわずか3安打、ゼロを並べていった。7回、先頭のペゲーロに四球、島内に左前安打を許したところで降板となり、3番手・嘉弥真が逆転を許したため、入団からの9年連続白星は逃したが、安定感溢れる投球だった。

「丁寧に低め、両サイドに投げることを心がけました。どのボールもある程度思うように操れたと思います」とコメントした摂津。約4か月間に及んだファーム生活で、どこに変化があったのか。

 この日の投球を見た工藤監督は「スライダー(カットボール)を新しく投げるようになったのもありますし、コントロールが良くなってきた。ボールが操れるようになったのが1番大きいところじゃないでしょうか」と、好投の要因を分析した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中