野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人坂本勇、復調への鍵は? 8月以降は反対方向への安打割合が急落

巨人の坂本勇人は9月24日のヤクルト戦に「3番・遊撃」で先発した。四球を2つ選び、犠飛も打ったが、この日も安打はなし。坂本の打率は8月1日には.337あった。DeNAの宮崎と激しく首位打者争いをしていたが、そこから打率は急落し、24日の試合終了時点では.291となっている。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

昨季の首位打者は開幕から好調も…8月は打率2割台、9月は1割台に急落

 巨人の坂本勇人は9月24日のヤクルト戦に「3番・遊撃」で先発した。四球を2つ選び、犠飛も打ったが、この日も安打はなし。坂本の打率は8月1日には.337あった。DeNAの宮崎と激しく首位打者争いをしていたが、そこから打率は急落し、24日の試合終了時点では.291となっている。

 坂本勇人の今季の月間成績を見てみよう。

3・4月 97打数32安打1本塁打11打点、打率.330
5月 85打数26安打5本塁打12打点、打率.306
6月 78打数27安打2本塁打13打点、打率.346
7月 88打数31安打3本塁打12打点、打率.352
8月 95打数21安打3本塁打9打点、打率.221
9月 73打数13安打0本塁打2打点、打率.178

 昨年、首位打者になった坂本勇は、今年も開幕から打撃好調。4か月連続で月間打率は3割をクリアした。7月10日にはNPB123人目の1500本安打を記録。28歳6か月での到達は1964年に達成した東京・榎本喜八の27歳9か月に次ぐ2番目の年少記録。右打者では最年少だった。

 2000本安打、さらには2500安打の達成も期待されるほどの活躍だった。

 しかしながら8月に入るとその打棒に急ブレーキがかかる。8月9日から5試合連続無安打、8月の月間打率は.221と急落、9月に入ると19試合のうち9試合で無安打。マルチヒットは3試合だけ。月間打率は1割台にまで落ちた。

 試合数が少ない10月を除けば、坂本の月間打率が1割台になったのはレギュラーになって1年目の2008年5月以来。まさに異常事態だと言えよう。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中