野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人菅野、最多勝当確の17勝目 今世紀セ・リーグ2位タイの18勝なるか?

DeNAと激しく3位争いをしている巨人のエース右腕・菅野智之が、ヤクルト戦で6回を零封、17勝目を挙げた。

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

2位の広島薮田に2差、今季は“十分“な援護で初の最多勝は確実に

 DeNAと激しく3位争いをしている巨人のエース右腕・菅野智之が、ヤクルト戦で6回を零封、17勝目を挙げた。これで勝ち星2位につける広島、薮田和樹に2差。広島の残り試合が3であることを考えると初の最多勝は確定的だ。

 原辰徳前監督の甥である菅野は、2011年の日本ハムのドラフト1位指名を拒否し、1年浪人後に2012年ドラフト1位で巨人に入団して1年目に13勝。2年目には防御率1位のタイトルを獲得し、MVPに輝いているが、勝ち星は1年目の13勝から12勝、10勝、9勝と年々減少していた。

 9勝の2016年も防御率1位、奪三振王に輝いたが、防御率2.01に対し、援護率は2.88。これはセの規定投球回数以上の投手では最低。最多勝(16勝)に輝いた広島の野村祐輔が防御率2.71に対して援護率5.74だったのと比較しても、味方の援護の少なさが際立っていた。昨年までは「菅野が投げると味方打線が打てない」悪い循環があったのだ。

 今季の菅野は、防御率1.59に対して援護率は3.69。これは規定投球回数以上の投手では7位と決して高くはないが、それでも菅野には十分な援護だった。

 かつてのプロ野球は「20勝投手になって一人前」と言われたが、分業が進み、先発投手のシーズン登板数が27前後に減った現代のNPBでは、20勝は非常に高いハードルになっている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中