野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム大田が延長11回V弾! 横尾は9回同点弾で斎藤佑の黒星消す

日本ハムが27日の敵地オリックス戦で大田の勝ち越し弾で延長11回の熱戦を制した。この日は先発の斎藤佑が6回2失点と力投。1点ビハインドの9回に横尾の6号ソロで追いつくと、大田の一発で3-2と競り勝った。

斎藤佑は6回2失点の力投、痛恨被弾悔やむ

 日本ハムが27日の敵地オリックス戦で大田の勝ち越し弾で延長11回の熱戦を制した。この日は先発の斎藤佑が6回2失点と力投。1点ビハインドの9回に横尾の6号ソロで追いつくと、大田の一発で3-2と競り勝った。

 7月11日以来、今季6度目の先発となった斎藤は3回まで無失点でしのいだが4回、中島の犠飛で先制点を献上すると味方打線が同点に追いついた後の6回にはロメロに勝ち越しの26号ソロを浴びた。

 この日は6回90球を投げ、5安打4奪三振2失点の力投を見せたが、1-2の状況で降板し、5月31日のDeNA戦以来となる今季2勝目はならなかった。降板後、斎藤は「あの一球は失投でした」と痛恨の被弾を悔やんだ。

 それでも9回2死から横尾がライトスタンドへ起死回生の同点ソロを放って斎藤の黒星を消すと、延長11回には2死から大田がバックスクリーン左へ勝ち越しソロ。日本ハムはその1点を死守して勝利した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中