野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラ1対決、プロ初先発、初安打、初盗塁…次世代が躍動した29日パ・リーグ

9月29日、札幌ドームで行われた楽天戦。北海道日本ハムの先発マウンドに上がったのは、プロ初先発となる高卒ルーキーの堀投手。そして楽天の先発は同じく高卒ルーキーの藤平投手だった。ドラフト1位の高卒ルーキーが先発として1軍公式戦で投げ合うのは、1984年の加藤伸一氏(南海)と小野和義氏(近鉄)以来、33年ぶりのことである。

日本ハム・堀瑞輝【写真:荒川祐史】
日本ハム・堀瑞輝【写真:荒川祐史】

33年ぶりのドラ1対決、ハム堀VS楽天藤平

 9月29日、札幌ドームで行われた楽天戦。北海道日本ハムの先発マウンドに上がったのは、プロ初先発となる高卒ルーキーの堀投手。そして楽天の先発は同じく高卒ルーキーの藤平投手だった。ドラフト1位の高卒ルーキーが先発として1軍公式戦で投げ合うのは、1984年の加藤伸一氏(南海)と小野和義氏(近鉄)以来、33年ぶりのことである。

 両先発投手は、いずれも昨年の高校野球界を沸かせたスターの卵だ。藤平投手は横浜高校のエースとして、堀投手は広島新庄高校のエースとして、それぞれ昨夏の甲子園に出場し、存在感を発揮した。「第11回 BFA U-18アジア選手権大会」では、ともに日の丸を背負ってチームの優勝に貢献し、同年のドラフト会議で1位指名を受ける。2人は甲子園に限らず、高校時代に対戦経験はなかった。

 堀投手は、今季8月に1軍初昇格。同9日の楽天戦で中継ぎとしてプロ初登板を果たし、1回を無失点に抑えた。13日の福岡ソフトバンク戦でも1回を無安打無失点で終わらせたが、3試合目の登板となった17日の千葉ロッテ戦で1イニング2被弾。翌日に登録を抹消され、2軍では先発としての調整を進めてきた。

 藤平投手は、交流戦期間中の6月16日阪神戦でプロ初先発。今年の高卒ルーキーの中では12球団最速の1軍デビューを飾った。3試合目の登板となった8月22日の千葉ロッテ戦でプロ初勝利を手にするとともに、そこまで6連敗を喫していたチームを救う。9月5日の北海道日本ハム戦では、6回まで無安打無失点という快投を披露し、2勝目。以降は連敗を喫しているものの、投球の組み立てやマウンド度胸、お立ち台での受け答えは、高卒ルーキーとは思えない風格を醸している。

 注目の黄金ルーキー対決となった北海道日本ハムと楽天の一戦。堀投手は初回、本拠地とはいえ慣れないマウンドにバランスを崩し、2球目で茂木選手に内野安打を許す。しかし、女房役の清水選手が次の島内選手の犠打を阻み、結果的に楽天打線の攻撃を3人で終わらせた。

 一方その裏、藤平投手はピンチを迎えても、高卒ルーキーとは思えない落ち着いたマウンドさばきを見せた。1死から松本選手に安打を浴び、四死球で満塁のピンチ。だが、ここでレアード選手、横尾選手を打ち取って無失点。あわや満塁弾かという横尾選手の大ファウルにも表情を変えず、見事に三振を奪ってピンチを切り抜けた。

 直後の2回表、堀投手はアマダー選手から一発を浴びて1点を失う。しかし、以降は粘り強く投げ抜き、楽天打線に追加点を許さない。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中