野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

逆転CS目指す巨人、先発の畠がわずか4球で危険球退場 上本の側頭部に死球

0.5ゲーム差で3位DeNAを追う4位巨人の畠世周投手が30日の阪神戦でわずか4球で退場となった。

スライダーが抜けて上本は避けきれず、そのまま交代で代走・森越が出場

 0.5ゲーム差で3位DeNAを追う4位巨人の畠世周投手が30日の阪神戦でわずか4球で退場となった。

 今季12試合目の先発となったドラ2右腕は、先頭・俊介に3球目の直球を捉えられ、二塁打を許す。すると、続く上本への初球、スライダーが抜ける形となった。バントの構えの上本は避けきれず、左側頭部にボールが直撃。しばらく起き上がることができず、そのまま交代となり、代走・森越が送られた。

 畠は危険球で退場。逆転でのCS出場を目指す巨人は2番手・中川が急遽ブルペンで肩を作り、マウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中