野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神2位確定、CSファースト甲子園開催決定 巨人は畠が4球退場、痛い1敗

阪神は30日、東京ドームでの巨人戦に5-1で勝利した。

俊介が3安打2打点の活躍、巨人は打線が救援陣を援護できず

 阪神は30日、東京ドームでの巨人戦に5-1で勝利した。すでにクライマックスシリーズ(CS)進出は決まっていたが、これで2位が確定。CSファーストステージの甲子園での開催が決まった。一方、巨人は先発の畠がわずか4球で危険球退場。救援陣を打線が援護できず、逆転でのCS進出へ痛い1敗となった。

 初回、先頭・俊介が巨人先発・畠の3球目を打って二塁打。すると、続く上本は初球を左側頭部に受けた。上本はしばらく起き上がることができず、ここで交代に。畠は4球で危険球退場。阪神は、急遽登板した巨人中川から福留のニゴロの間に1点を先制した。

 さらに、2回は2死二塁で俊介が右前適時打。先発・岩貞は2回に村田のソロ弾で1点を返されるも、その後は粘投で得点を許さない。6回は2番手・藤川が無失点に抑えると、7回には俊介がマシソンからソロ弾。続投したマシソンから8回にもチャンスを作り、梅野、中谷のタイムリーでさらに追加点を奪った。

 7回を桑原、8回をマテオとつないだ阪神は、9回は守護神ドリスが抑えて勝利。2位を確定させた。DeNAを追う巨人は痛い一敗となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中