野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

5安打5打点は「記憶にない」侍J社会人代表の山内が30得点の打線をリード

侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」(台湾)が2日、開幕した。日本は予選ラウンド初戦で香港に30-0の5回コールドと快勝。「8番・捕手」で先発した山内佑規(東京ガス)は5打数5安打5打点と大暴れした。

侍ジャパン社会人代表・山内佑規【写真:Getty Images】
侍ジャパン社会人代表・山内佑規【写真:Getty Images】

アジア選手権の初戦香港戦でバットが火を噴く

 侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」(台湾)が2日、開幕した。日本は予選ラウンド初戦で香港に30-0の5回コールドと快勝。「8番・捕手」で先発した山内佑規(東京ガス)は5打数5安打5打点と大暴れした。

今後も守り抜く「日本の伝統」 アジア制覇の侍ジャパン社会人代表、勝因は守備力(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回、8番の山内まで誰一人としてアウトになることなく打席が回ってきた。「外に落ちるボールにバットの先が引っかかって(打球が)内野の頭を越してくれた。とにかく1点がほしい序盤だったので、なんとかつなげたいなという思いがありました」と、無死満塁でレフトに安打を放ち、チーム5点目を叩き出した。

 2回の第2打席には、無死一、二塁で左安を放ち、満塁とチャンスを広げた。日本打線はその後もつながり、同イニングで再び打席へ。今度は1死一、二塁。山内への初球が暴投となり、二、三塁と場面は変わったが、ここでも左翼線へ二塁打を放ち、2人を生還させた。

 2度あることは3度ある!? またもや打順が巡り、1イニングで3度目の打席に立つと、2死二、三塁の場面で一二塁間を破る2点適時打。4回にはイニングの先頭でセンターへヒットを放った。「たまたま結果がついてきた感じ」と謙遜したが、打ち出の小槌と化した山内のバットはチームを活気づけた。

 1打席目は初球、2打席目は2ボールからのストライク、3打席目は1ボールから1球ファウルにした後の3球目を安打にした。4打席目も1ボールから、5打席目もカウント3-1からストライクを逃さず右前に運んだ。

「いつも通りの姿というか、日本でやっている姿をここでも出そうと思って、積極的に振れるボールは振ろうと思って打席に立った。うまいこときてくれました。集中はしっかりしようと思って、集中、集中と思って試合に入り、その成果が出たかなと思います」

人気記事ランキング