野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田澤純一
  • 田澤純一の「最もユニークな快挙」 マーリンズでも「ハイチュウ」が大人気!?

田澤純一の「最もユニークな快挙」 マーリンズでも「ハイチュウ」が大人気!?

マーリンズの田澤純一投手がMLBで森永製菓の「ハイチュウ」を広めたことは、よく知られている。日本生まれの「チューイングソフトキャンディ」の人気は絶大で、メジャーリーガーには熱烈なファンも多い。田澤は昨季限りで8年間在籍したレッドソックスからFAとなり、今季からマーリンズに所属しているが、“伝道師”のおかげで「ハイチュウ」は新天地でも大人気だと、地元紙「サン・センチネル」が特集した。

マーリンズ・田澤純一【写真:Getty Images】
マーリンズ・田澤純一【写真:Getty Images】

初めて持ち込んだのはRソックス時代の2012年「ブルペン、クラブハウスが虜になった」

 マーリンズの田澤純一投手がMLBで森永製菓の「ハイチュウ」を広めたことは、よく知られている。日本生まれの「チューイングソフトキャンディ」の人気は絶大で、メジャーリーガーには熱烈なファンも多い。田澤は昨季限りで8年間在籍したレッドソックスからFAとなり、今季からマーリンズに所属しているが、“伝道師”のおかげで「ハイチュウ」は新天地でも大人気だと、地元紙「サン・センチネル」が特集した。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 田澤はこれまでメジャー通算357試合に登板し、20勝25敗4セーブ88
ホールド、防御率3.90という成績をマーク。記事では、そんな右腕が「Hi-CHEW(ハイチュウ)」をメジャーに広め、森永アメリカフーズを人気にしたことは「最もユニークな快挙」だとしている。

 田澤が子供の頃から慣れ親しんでいた「ハイチュウ」をメジャーに持ち込んだのは2012年、トミー・ジョン手術から復帰して初のフルシーズンを過ごした時だったという。

 メジャーリーグでは、ベンチやブルペンで待機する選手がガムやひまわりの種などを食べる姿が日常的に広がっている。救援投手のためにブルペンにガムなどを持ち込むのは、若手投手の役割だ。クラブハウスにいれば、ブルペンまで運ぶために、リュックなどに丁寧にお菓子を詰める選手を見ることができる。2012年、田澤はまさにその役割を担っていた。

 記事では「タザワがハイチュウをブルペンに持っていくと、瞬く間に大人気となり、ブルペン、クラブハウスが虜になった」と紹介。その美味しさ、そして外国人選手が初めて体験する食感から、まさにあっという間に定着した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」