野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • カブスを愛してやまないバンドマン、オカモト“MOBY”氏が世界一2連覇宣言

カブスを愛してやまないバンドマン、オカモト“MOBY”氏が世界一2連覇宣言

メジャーは今週でレギュラーシーズンが終わり、いよいよポストシーズンを迎える。ナ・リーグではナショナルズが早々に東地区優勝を決め、西地区優勝のドジャースは100勝超えを記録した。混戦を極めた中地区は、昨季108年ぶりのワールドシリーズ優勝を遂げたカブスが、最後に底力を見せて優勝。2季連続の世界一へ望みをつないだ。

「SCOOBIE DO」のドラマー、オカモト“MOBY”タクヤ氏【写真:佐藤直子】
「SCOOBIE DO」のドラマー、オカモト“MOBY”タクヤ氏【写真:佐藤直子】

趣味が高じてメジャー解説、昨季はWS第5戦を現地で観戦

 メジャーは今週でレギュラーシーズンが終わり、いよいよポストシーズンを迎える。ナ・リーグではナショナルズが早々に東地区優勝を決め、西地区優勝のドジャースは100勝超えを記録した。混戦を極めた中地区は、昨季108年ぶりのワールドシリーズ優勝を遂げたカブスが、最後に底力を見せて優勝。2季連続の世界一へ望みをつないだ。

【PR】今なら「DAZN」無料視聴可能! MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 短期決戦のプレーオフは何が起こるか分からない。下馬評では、シーズン中も積極的に戦力補強を行ったドジャース優位の声が多いが、昨季終了直後からカブスのワールドシリーズ2連覇を信じて疑わない人物がいる。それが、ファンクバンド「SCOOBIE DO」のドラマー、オカモト“MOBY”タクヤ氏だ。

 小学生だった1988年に、日米野球を観戦に出掛けたという筋金入りのメジャーファン。トレードマークのアフロヘアーは、“ミスター・オクトーバー”ことレジー・ジャクソンへのオマージュだ。アメリカで初めてメジャー観戦をしたのは高校生の時。米ミネソタ州に約1か月ホームステイをしている間に、メトロドームでツインズvsアスレチックスという当時の黄金カードを観戦し、衝撃を受けたという。

「前年(1991年)にツインズがワールドシリーズで優勝して、アスレチックスは1990年にリーグ優勝して、バッシュブラザーズ全盛期。いやぁ、盛り上がりましたね。後に、ツインズからシェーン・マックやダン・グラッデンが巨人に来て、妙に親近感が沸いちゃって。

 僕は当時軟式野球をやっていたんですけど、完全にメジャーかぶれですよ。グローブはアメリカで買ったマグワイアモデルを使ったり、フランクリンの手袋を使ったり。当時は誰もしていなかったアイブラックとか貼ったりね。これは飯田橋にあるベースマンってお店で買いました(笑)。いけ好かないませガキですけど」

 当初はツインズやアスレチックスに傾倒していたMOBY氏の心が、ぐっとカブスに引き寄せられたは1995年大学1年生の時だった。アメリカ一人旅に出掛け、立ち寄ったリグリーフィールドで、その佇まいにイチコロとなった。旅行に出掛ける直前に見た映画は、シカゴが舞台のコメディ映画「ブルース・ブラザーズ」。ブルースやソウル、R&Bといった黒人音楽を演奏するバンドが主人公の名作で、ジェームス・ブラウンやアレサ・フランクリンといった有名歌手も登場する。大学で入ったサークルで黒人音楽を演奏するMOBY氏にとって、必然の出会いとも言える映画だが、実は作品の冒頭で主人公が書いた住所「1060 W Addison」はリグリーフィールドの所在地だった。

「実際にリグリーに行った瞬間、ブラックミュージック、カブス、シカゴ……とバラバラとあった情報が、頭の中でバチッとハマった感じがしましたね。また球場の雰囲気が最高で。ヤジを飛ばしているオジサンに、横から悪ガキたちが物飛ばしたりして(笑)。

 カブスって、選手もファンも球場も、全部ひっくるめていいんですよ。しばらく勝てない時代もありましたけど、それでも平日のデーゲームが満員になったりして。出来の悪い子を愛でている感じが、すごくいいなと」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬