野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

100打席以上でのNPB最高打率は“当確” ハム近藤、来季は夢の4割に再挑戦

日本ハムの近藤健介は、今季、開幕から絶好調で、4月、5月と打率4割をキープ。6月に入っても好調だったが、6月11日に椎間板ヘルニアを発症し登録抹消となった。しかし9月28日に復帰してからも好調を維持、現時点でも打率は4割を超えている。

日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】
日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】

打率4割でシーズン終了へ、50打席以上で4割超えも過去には2人のみ 

 日本ハムの近藤健介は、今季、開幕から絶好調で、4月、5月と打率4割をキープ。6月に入っても好調だったが、6月11日に椎間板ヘルニアを発症し登録抹消となった。しかし9月28日に復帰してからも好調を維持、現時点でも打率は4割を超えている。 

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 6月11日に登録抹消された時点で、近藤は150打数61安打、打率は.4067だった。復帰後の近藤は14打数6安打、打率.429で、通算打率を.409まで押し上げている。日本ハムは残り3試合、近藤はフル出場するとして、15打数5安打以上で4割をキープしたままシーズンを終えることになる。 

 近藤はすでに225打席に立っている。100打席以上で、打率4割を超えてシーズンを終了した選手は、過去にいない。50打席以上で、打率4割を超えた選手も以下の2人だけだ。 

宮川孝雄 1972年(広島).404(62打席52打数21安打) 
鶴岡一成 2004年(横浜).400(60打席55打数22安打) 

 宮川は代打安打数186本のNPB記録を持つ代々の切り札。鶴岡一成は、横浜、巨人、DeNA、阪神で活躍した捕手。昨年まで現役だった。 

 近藤健介も含め、3人のうち2人は捕手、捕手あがりだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」