野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

好評オリックスの選手プロデュースメニュー、選手のこだわりと調理長の思い

レギュラーシーズンは最終盤を迎え、14日からはクライマックスシリーズ(CS)が始まる。オリックスは3年連続Bクラスと不本意なシーズンを送ったが、本拠地・京セラドーム大阪で販売された選手プロデュースメニューは好評で、応援に訪れるファンを楽しませた。

オリックス・安達がプロデュースした「アダッチ・フォー」【写真:篠崎有理枝】
オリックス・安達がプロデュースした「アダッチ・フォー」【写真:篠崎有理枝】

丸岡調理長が春キャンプで選手にアンケート、細部を相談しながらメニュー化

 レギュラーシーズンは最終盤を迎え、14日からはクライマックスシリーズ(CS)が始まる。オリックスは3年連続Bクラスと不本意なシーズンを送ったが、本拠地・京セラドーム大阪で販売された選手プロデュースメニューは好評で、応援に訪れるファンを楽しませた。

「見たことがない球が来る」 404発スラッガー中村紀洋氏が語る世界との闘い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 選手プロデュースメニューは5年ほど前から始まった。当初は年間3、4種類だったが、年々その数は増え、今では55種類に上る。継続されるメニューもあるが、毎月数々の新規メニューが登場し、頻繁に来場するファンでも楽しみは尽きない。

 メニュー考案するのは、球場グルメを担当する調理長の丸岡耕一氏。毎年春季キャンプを訪れ、選手に好きな食べ物などのアンケートを取り、実際に調理できるかなどを含め、選手と相談しながら作り上げる。

「メインのメニューは聞いていますが、細かい具材など、聞いていないところで選手の食べられないものが入ってしまうことがあります。『これは苦手です』と言われれば、それを変えてメニューを完成させます。出来上がったメニューを実際に試食してもらって『おいしい』と言ってもらえたら、商品化します」

 メニューに一番こだわりを見せたのは、西勇輝投手だ。昨年発売された「ゆうちゃんのえび天冷やしうどん」には「子供も食べやすいように、味付けをもう少し子供用にして欲しい」というリクエストがあった。また、当初は海老天のみだったが「温玉を入れてほしい」という要望があり、今季からは温玉入りの新バージョンで販売した。

人気記事ランキング