野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、サヨナラ敗戦も梨田監督はCS見据えて采配「色々やっていかないと」

3位が確定し、14日からのCSファーストステージは敵地メットライフドームで西武と戦うことになった楽天。5日のロッテ戦は2-3でサヨナラ負けしたが、CSを見据えた戦いぶりを見せた。

楽天・梨田昌孝監督【写真:荒川祐史】
楽天・梨田昌孝監督【写真:荒川祐史】

CSは敵地で西武と対戦、好投の4年目古川には「素晴らしい」

 3位が確定し、14日からのCSファーストステージは敵地メットライフドームで西武と戦うことになった楽天。5日のロッテ戦は2-3でサヨナラ負けしたが、CSを見据えた戦いぶりを見せた。

 1点リードの3回、先頭岡島が歩くと、梨田監督は3番島内に2球目からヒットエンドランのサインを出し続けた。相手先発・佐々木の6球目、141キロの速球を右前打で一、三塁とし、1死から銀次の右犠飛で2点目が入った。「CSに向けて色々やっていかないと」と梨田監督。足をからめる攻撃を前面に打ち出した。

 プロ入り初勝利を目指す4年目の古川には、来季も見据えて完投指令。今季5度目の先発で、これまでは最長は5イニングだったが、MAX149キロの速球にカーブ、スライダーを交えてロッテ打線を8回まで2点に抑えると、同点のまま9回のマウンドに立たせた。

 2死から井上の遊撃内野安打でサヨナラ負け。古川は118球で敗戦投手となったが、指揮官は「素晴らしい。今後が楽しみ。いい経験をさせようと続投させた」と若手の台頭を喜んだ。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング