野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

東浜からも「おめでとう」 ソフトB千賀「情けない投球」も初タイトル確定

6日、ホーム最終戦のオリックス戦に先発した千賀滉大は6回3失点で降板。規定投球回をクリアしたものの、9回2死までは負け投手。上林誠知の同点打によって、負けが消えると同時に最高勝率のタイトルを確実にした。試合後、千賀は初タイトルの喜びよりも、自身の投球内容の不甲斐なさを悔やんだ。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

最高勝率が確定、若月にプロ初本塁打献上も「僕でよかったと言ってもらえるような選手に」

 6日、ホーム最終戦のオリックス戦に先発した千賀滉大は6回3失点で降板。規定投球回をクリアしたものの、9回2死までは負け投手。上林誠知の同点打によって、負けが消えると同時に最高勝率のタイトルを確実にした。試合後、千賀は初タイトルの喜びよりも、自身の投球内容の不甲斐なさを悔やんだ。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 タイトルのために投げない=登板しないという選択肢もあった。それでも千賀はホーム最終戦のマウンドに立つことを選んだ。規定投球回までは、残り6イニング。しかし、それ以上にCSまでに本来のピッチングを取り戻したいという強い思いがあった。

 ところが、初回から1失点。さらに5回には若月健矢にプロ初本塁打を献上し、続くT-岡田にも2者連続弾を浴びて6回3失点でマウンドを降りた。

「本当に自分自身の情けないピッチングだったと思います」と千賀。2回には3者連続で空振り三振を奪うシーンも見られたが「形としてはそうだが、自分が思うような球ではなかった」と振り返る。

 特に5回の連続被弾については「失投です。打たれてはいけない打者に打たれた。(若月は)プロ初ですよね?」と何度もため息をつきながら振り返りつつ、最後は「(初本塁打が)僕でよかったと言ってもらえるような選手にならないと」と自らに気合を入れた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」