野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキース「30秒ルール」に泣き崖っぷち チャレンジ間に合わず満塁被弾

ヤンキース「30秒ルール」に泣き崖っぷち チャレンジ間に合わず満塁被弾

6回に2番手グリーンがリンドーアに満塁弾を被弾。その直前にチゼンホールが死球で出塁したが、バットのグリップエンドに当たっていた可能性が高く、これが勝敗を分ける大きなポイントとなった。

満塁弾を浴びたグリーンとサンチェスのヤンキースバッテリー【写真:Getty Images】
満塁弾を浴びたグリーンとサンチェスのヤンキースバッテリー【写真:Getty Images】

2連敗でインディアンスに王手かけられる、第3戦は田中が先発へ

 ヤンキースは6日(日本時間7日)、敵地での地区シリーズ第2戦でインディアンスに8-9で痛恨のサヨナラ負けを喫し、2連敗で突破に王手をかけられた。一時は5点のリードを奪いながら、6回に2番手グリーンがリンドーアに満塁弾を被弾。その直前にチゼンホールが死球で出塁したが、バットのグリップエンドに当たっていた可能性が高く、これが勝敗を分ける大きなポイントとなった。試合後の記者会見では、その場面についてジョー・ジラルディ監督に質問が集中。指揮官は、「30秒ルール」に間に合わず、チャレンジできなかったことを明かしている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 サンチェスの2ラン、ヒックスの3ランで相手先発クルーバーをKOしたヤンキースは、5回にはバードの2ランで追加点を奪取。8-3とリードを広げ、勝利へ向かって前進していた。

 しかし、6回1死一塁の場面でジラルディ監督はまだ77球だったサバシアに代えて、ワイルドカードゲームで好投したグリーンを投入。試合後、グリーンの状態の良さを考慮しての継投策だったことを明かしたが、これが裏目に。ゴームスの二塁打、チゼンホールの死球で2死満塁とされると、リンドーアに右翼ポール直撃の満塁弾を浴び、1点差とされた。

 ただ、試合後に話題が集中したのは、この満塁弾の直前のチゼンホールの死球。2ストライクからファウルで粘られた後の7球目は、手をかすめて捕手サンチェスのグラブに収まったとの判定だったが、スロー映像で見る限り、バットのグリップエンドに当たっていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」