野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武山川“3冠王”、楽天最下位…データで見るペナントレース終盤戦【パ編】

西武山川“3冠王”、楽天最下位…データで見るペナントレース終盤戦【パ編】

パ・リーグのペナントレースは、8日の試合を含めて残り4試合。半年に及ぶ長丁場の戦いは、いよいよ大団円を迎える。

西武・山川穂高【写真:編集部】
西武・山川穂高【写真:編集部】

8月以降の成績を限定すると、新たに見えるペナントレースの顔

 パ・リーグのペナントレースは、8日の試合を含めて残り4試合。半年に及ぶ長丁場の戦いは、いよいよ大団円を迎える。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ほとんどのチームで、開幕当初と比べるとレギュラー選手、主力選手の顔ぶれが大きく変わった。前半戦に活躍した選手の中には、後半に姿を消した選手もいる。それとは対照的に、後半から調子を上げた選手もいる。

 8月以降に限った成績を抜き出してみると、シーズン前半とは驚くほど違う顔ぶれの活躍が浮かび上がってくる。

○パ・リーグ 8月以降の各チームの勝敗

ソフトバンク(48試32勝16敗0分、勝率.667)
日本ハム(49試26勝23敗0分、勝率.531)
西武(52試27勝24敗1分、勝率.529)
ロッテ(50試24勝25敗1分、勝率.490)
オリックス(51試23勝28敗0分、勝率.451)
楽天(54試18勝34敗2分、勝率.346)

 ソフトバンクは春先からずっと強かったが、8月以降に限れば日本ハムがそれに次ぎ、西武までが5割以上。楽天は断トツの最下位だった。梨田監督も「前半戦と後半戦は別のチーム」と言ったが、数字でもそれがはっきり現れている。楽天は前半戦の貯金があったからこそ、辛うじてポストシーズンに進出できたと言えそうだ。

○8月以降の打率10傑

山川穂高(西)184打数60安打 19本47点0盗 率.326
荻野貴司(ロ)194打数62安打 5本16点21盗 率.320
吉田正尚(オ)177打数56安打 9本30点1盗 率.316
秋山翔吾(西)213打数65安打 7本31点5盗 率.305
角中勝也(ロ)179打数54安打 7本32点3盗 率.302
明石健志(ソ)159打数47安打 1本11点2盗 率.296
外崎修汰(西)178打数52安打 2本18点9盗 率.292
マレーロ(オ)176打数50安打 13本31点0盗 率.284
源田壮亮(西)210打数59安打 0本22点10盗 率.281
中村奨吾(ロ)182打数51安打 6本20点10盗 率.280

 打率1位は西武の山川穂高。山川は本塁打、打点も1位で、8月以降に限れば“3冠王”だった。西武が楽天を抜いて2位を確保する上で、山川の貢献度は極めて高かった。

 続いてロッテの荻野が打率2位、安打数1位、盗塁数も1位と躍進した。荻野は故障が多い選手でフルシーズン活躍することは稀だが、後半戦に限ればトップクラスだった。

 前半戦は全休だったオリックス吉田正尚も後半戦に大活躍した。

 山川、荻野、吉田の3人は、ともに今季は規定打席に達していない。しかし、後半戦は彼らが主役だった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬