野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュPS初勝利、セットアッパー前田健太が快投 ド軍が3連勝で突破

ドジャースのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦に先発し、5回0/3を2安打1失点7奪三振で自身ポストシーズン(PS)初勝利。

ダイヤモンドバックス戦に先発したドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックス戦に先発したドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ダルビッシュは5回まで快投も…6回先頭打者に頭部死球与えて降板

 ドジャースのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦に先発し、5回0/3を2安打1失点7奪三振で自身ポストシーズン(PS)初勝利。ドジャースは3-1で勝ち、無傷の3連勝で2年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。ダルビッシュは5回まで好投していたが、6回先頭のウォーカーに頭部死球を与えたところで降板。敵地ファンから大ブーイングを浴びてマウンドを降りた。ドジャースは8回に前田健太投手を投入。「勝利の方程式」に組み込まれた右腕は3者凡退に抑える快投を見せ、地区シリーズ突破に大きく貢献した。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ドジャースは本拠地で2連勝を飾り、敵地での第3戦を迎えた。勝てばリーグ優勝決定シリーズ進出となる一戦で、初回に1点を先制。すると、ダルビッシュは立ち上がりから快投した。

 先頭ペラルタを3球三振。マルテにはセーフティーバントで出塁を許すも、後続を打ち取った。2回からは3イニング連続で3者凡退。すると、ドジャースは5回2死でベリンジャーがレフトスタンドへポストシーズン初本塁打を叩き込み、貴重な追加点を奪った。

 その裏、ダルビッシュはラムを空振り三振に打ち取り、4回先頭から4者連続三振。さらに、ポロックを三ゴロに打ち取り、マルテのセーフティーバント以降は13打者連続アウトとした。しかし、続くデスカルソには真ん中付近に入ったスライダーを右翼席に運ばれ、1点差に。それでも、マシスは一邪飛に打ち取った。

 ドジャースは直後の6回にバーンズがレフトへソロ弾。再び2点差となり、ダグアウトのダルビッシュも思わずガッツポーズを繰り出した。その裏、ダルビッシュは先頭の代打ウォーカーに粘られる。6球目は内角高めに浮き、バットのグリップエンドに直撃。ダイヤモンドバックスは死球だとしてチャレンジするも、判定を覆らず。すると、8球目の94マイル(約151キロ)が今度は頭部付近へ。ヘルメットに直撃し、ウォーカーは倒れ込んだ。

 場内は大ブーイングに包まれ、順調だったダルビッシュはマウンド上で呆然。ここでロバーツ監督が出てきて降板を告げた。ダルビッシュは再び沸き起こった大ブーイングの中でダグアウトに戻った。それでも、ドジャースはシングラーニ、モローとつないで、この回の失点はなし。ダルビッシュは74球(ストライク52球)で降板となった。

 ドジャースは2点リードのまま迎えた8回、前田を4番手で投入。ポストシーズンで中継ぎとして存在感を発揮する右腕は、快投で3者凡退に抑え、“セットアッパー”としての役割を果たす。9回は守護神ジャンセンが締め、ドジャースが勝利した。

 ダルビッシュはレンジャーズ時代、2012年のワイルドカードゲーム、2016年の地区シリーズで先発しているが、いずれも敗戦投手に。これが自身PS初白星となった。ドジャースは2年連続の地区シリーズ突破。14日(同15日)から、カブス-ナショナルズの勝者とワールドシリーズ進出をかけて激突する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」