野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 「だいぶ慣れてきた」セットアッパー前田健太がド軍世界一へ最後のピース!?

「だいぶ慣れてきた」セットアッパー前田健太がド軍世界一へ最後のピース!?

広島時代も含めてキャリア初となるホールドを記録した右腕は、出番を直前に告げられたにもかかわらず快投。救援に「だいぶ慣れてきました」と高い適応能力を見せ続けている。

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

1回無安打2Kの快投でキャリア初ホールド「気持ちも入っていた」

 ドジャースの前田健太投手は9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦で2点リードの8回に4番手で登板し、1回無安打無失点2奪三振の快投を見せた。ドジャースは3-1で勝利し、2年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出が決定。広島時代も含めてキャリア初となるホールドを記録した右腕は、出番を直前に告げられたにもかかわらず快投。救援に「だいぶ慣れてきました」と高い適応能力を見せ続けている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 好投していたダルビッシュが、6回先頭の代打ウォーカーに死球を与えて降板。その後、シングラーニ、モローと救援陣がマウンドに上がっていくのを見て、ブルペンの前田も覚悟を決めていた。

「モローだったり、投手がどんどん投げていったので、もしかしたらあるかなとは思ってました」

「すごく気持ちも入ってましたし、特に今日はダルさんが先発した試合だったので、負けられないと思ってましたし、気持ちも入ってたんで、それがボールに伝わったのかなと思います」

 実は1度肩を作り、登板がなくなり、そして8回の攻撃中に再び告げられて準備を始めていた。それでも、問題はなし。「もうだいぶ慣れてきましたし、スイッチは入りました」。3-1と2点リードのしびれる場面で、最速95マイル(約153キロ)の直球に切れ味抜群のスライダーを交え、無安打無失点2奪三振。最強守護神ジャンセンにつなぐ“セットアッパー“として、完璧な仕事ぶりだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」