野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平の右足首手術が無事終了、投打の制限なくプレーできるまで約3か月

日本ハムは、大谷翔平選手が12日に都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受け、無事終了した、と発表した。

日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】
日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

院内で2~3週間のリハビリ後、鎌ケ谷でリハビリと練習の予定

 日本ハムは、大谷翔平選手が12日に都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受け、無事終了した、と発表した。

 今後は院内にてリハビリを行って2~3週で退院、退院後は鎌ヶ谷の球団施設でリハビリ・練習を行う予定。投打含めて制限なくプレーできるまで約3か月を要する見込みだという。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング