野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武vs楽天が激突 鍵握るCS初出場の選手たち

クライマックスシリーズ(CS)初出場となる主な選手たち(ルーキーを除く)を紹介していきたい。

楽天のゼラス・ウィーラー【写真:(C)PLM】
楽天のゼラス・ウィーラー【写真:(C)PLM】

14日にCSファーストステージが開幕、初出場の意外な選手たちは…

 10月10日、今シーズンのパ・リーグ公式戦全日程が終了した。ともに2013年以来のAクラス入りを果たした楽天と埼玉西武は、14日から始まる「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」ファーストステージで激突する。ここでは、クライマックスシリーズ(CS)初出場となる主な選手たち(ルーキーを除く)を紹介していきたい。

【埼玉西武】

○菊池雄星投手
今季成績:26試合16勝6敗187回2/3 217奪三振 防御率1.97

 圧巻の投球でエースとしての地位を確立した菊池だが、意外にもクライマックスシリーズでの登板はこれまで一度もない。苦手とする福岡ソフトバンク相手にリベンジの機会を得るためにも、相性の良い楽天打線を封じ込める投球を披露したいところだ。

○武隈祥太投手
今季成績:58試合5勝2敗13ホールド 57回1/3 36奪三振 防御率3.14

 4シーズンに渡って左の中継ぎとしてフル稼働している武隈にとっても、これが自身初のポストシーズンとなる。牧田、シュリッター、増田といった「勝利の方程式」につなぐためにも、茂木やペゲーロ、銀次といった左の好打者が揃う楽天相手に、武隈がどんな投球を見せるかは重要になってくる。

○森友哉捕手
今季成績:38試合124打数42安打2本塁打18打点 打率.339

 今季終盤に復帰して以降、強烈な打棒を見せ付けている森もポストシーズンは初体験。シーズンの多くを怪我の治療に充てざるを得なかった分、若獅子らしく大暴れしてほしい。

○山川穂高内野手
今季成績:78試合242打数72安打23本塁打61打点 打率.298

 今季瞬く間に4番に定着した山川にとっても、初のポストシーズン。これまで以上に厳しい攻めが予想されるが、2008年の中村もポストシーズンから4番を務めてチームの日本一に貢献し、現在の地位を築いた。「おかわり2世」が同じ道を辿ることができるか、来季以降のシーズンを占う意味でも要注目だ。

○エルネスト・メヒア内野手
今季成績:113試合345打数83安打19本塁打53打点 打率.241

 入団1年目に史上初となるシーズン途中入団での本塁打王を獲得し、主砲として活躍してきたメヒア。来日以来初となるポストシーズンでは、苦しかったレギュラーシーズンの鬱憤を晴らすような猛打が見られるだろうか。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中