野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天が嶋のスクイズで3点目を追加、引き分けでも敗退の崖っぷちで意地

楽天がリードを広げた。15日、メットライフドームで行われたクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ第2戦。1点をリードして迎えた2回にも2点を加えて、先発の岸を援護した。

茂木が初球先頭打者弾、2回に枡田の適時打&スクイズで加点

 楽天がリードを広げた。15日、メットライフドームで行われたクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ第2戦。1点をリードして迎えた2回にも2点を加えて、先発の岸を援護した。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 この回、先頭の島内が中前打で出塁。1死から岡島がヒットエンドランで左前で一、二塁とすると、今季の対十亀2打数2安打の相性を買われてスタメンに起用された枡田が左中間への適時二塁打を放ち、1点追加に成功した。さらに、嶋の打席で梨田昌孝監督はスクイズを仕掛けた。内角の難しいボールだったが、嶋がこれを決めて3点目を加えた。

 14日の初戦で完封負けを喫し、引き分けでも敗退が決まる楽天。先制点は茂木による初球先頭打者ホームランで、大技あり、小技ありの攻めで着実に加点していった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」