野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武秋山、驚愕の超美技 右中間への大飛球を背走スーパーキャッチ

西武の秋山翔吾外野手が、驚愕のスーパープレーを見せた。16日、本拠地メットライフドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦。2点をリードされて迎えた5回に、好プレーでチームを救った。

銀次の打球に猛ダッシュ、チームを救う好プレーに

 西武の秋山翔吾外野手が、驚愕のスーパープレーを見せた。16日、本拠地メットライフドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦。2点をリードされて迎えた5回に、好プレーでチームを救った。

 5回、まず、一塁手の山川が魅せた。先頭の藤田の三ゴロをキャッチした中村の送球が難しいハーフバウンドに。これを山川が逆シングルでうまく捕球し、1アウトとした。

 そして、秋山だ。続く銀次の放った打球は右中間深くへと飛ぶ大きな飛球となった。浅めの守備位置を取っていた秋山は落下点へと猛ダッシュすると、ホームに背を向けたままグラブを出し、ギリギリのところで打球をグラブへとおさめた。

 抜けていれば、長打となっていた打球を掴み取った秋山のファインプレーに、本拠地のファンも大きな歓声を送っていた。

人気記事ランキング