野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天突破、主砲ウィーラー大暴れ V打&激走&ダメ押し弾「自分の仕事を」

楽天が逆転でのファイナルステージ進出を決めた。16日、敵地メットライフドームで行われた西武とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦。第2戦に勝利して1勝1敗としていた楽天は、接戦を5-2でモノにして2勝1敗とし、リーグ王者ソフトバンクへの挑戦権を掴み取った。

大敗後の連勝でファイナルへ「非常に興奮している」

 楽天が逆転でのファイナルステージ進出を決めた。16日、敵地メットライフドームで行われた西武とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦。第2戦に勝利して1勝1敗としていた楽天は、接戦を5-2でモノにして2勝1敗とし、リーグ王者ソフトバンクへの挑戦権を掴み取った。

 この日のヒーローは初戦、2戦目とノーヒットに終わっていた主砲ウィーラーだった。初回、3つの四球で2死満塁のチャンスを掴むと、三遊間への適時内野安打を放って幸先よく先制点を掴んだ。4回には中前安打で出塁すると、岡島の送りバントで二塁へ。続く枡田への3球目を野上が暴投すると、炭谷がボールを見失っている間に本塁まで突っ込んで生還。リードを2点に広げた。

 追いすがる西武にトドメを刺す大きな、大きな一打もウィーラーのバットからだった。1点差に迫られて迎えた8回2死で打席に立つと、西武セットアッパーのシュリッターのシュートを左翼席中段へ。リードを再び2点に広げる値千金の一発に。この回さらに枡田にも2ランが出て、勝利をたぐり寄せた。

 試合後に敵地でヒーロインタビューに立ったウィーラーは「非常に興奮しているし、この3試合はすごくいい試合だったと思う。(本塁打を放った4打席目は)非常にいい打席だった。打てるボールがあったら積極的に行こうと思っていた。2-1で勝っていたのでなんとかリードを広げたいと思って打ったボールがホームランになってよかった。今日寒かったので、手の感触はあまりなかったけど、なんとか本塁打になってくれて良かったと思います」と喜びをコメントした。

 2戦目まではノーヒットだったが、雌雄を決する運命の3戦目で4打数3安打2打点。第3打席も相手の失策で出塁しており、4打席全てで塁に出た。「プレーオフには数字は関係ないと思っている。個人個人がそれぞれがやるべき仕事をやれば勝てると思っているので、今後も自分の仕事をやっていこうと思っています」と語ったウィーラー。ソフトバンクと戦うファイナルステージに向けて、助っ人のバットに当たりが戻った。

人気記事ランキング