野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元DeNAグリエルが勝ち抜け王手へ先制打、3点タイムリーで投手戦均衡破る

元DeNAグリエルが勝ち抜け王手へ先制打、3点タイムリーで投手戦均衡破る

アストロズが、6回についに先制点を挙げた。17日(日本時間18日)敵地で行われているヤンキースとのリーグ優勝決定シリーズ第4戦で、6回に元DeNAグリエルの左翼線3点タイムリーで先制した。

先制3点タイムリーを放ったアストロズ・グリエル【写真:Getty Images】
先制3点タイムリーを放ったアストロズ・グリエル【写真:Getty Images】

5回まで両先発が互いに1安打無失点の快投披露

 アストロズが、6回についに先制点を挙げた。17日(日本時間18日)敵地で行われているヤンキースとのリーグ優勝決定シリーズ第4戦で、6回に元DeNAグリエルの左翼線3点タイムリーで先制した。

 アストロズはマッカラーズ、ヤンキースはグレイが先発マウンドに上がったこの日。5回まで両者一歩も譲らず、互いに相手打線をわずか1安打無失点に抑える投手戦を繰り広げた。

 試合が動いたのは6回表だった。アストロズ先頭スプリンガーが四球を選ぶと、続くレディックは捕手の打撃妨害で出塁。アルトゥーベが四球を選び、無死満塁の絶好機を迎える。ここでコレアは空振り三振に倒れたが、グリエルがカウント1-1から3球目カーブを左翼線に運び、走者3人が生還した。

 2勝1敗でリードしているアストロズは、この試合に勝てばリーグ優勝に王手を掛ける。大事な一戦でグリエルが見事な働きを見せた。

人気記事ランキング