野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、また快投で4戦連続無失点 圧巻3者凡退でPSは12打者連続アウト

前田健太、また快投で4戦連続無失点 圧巻3者凡退でPSは12打者連続アウト

ドジャースの前田健太投手は18日(日本時間19日)、敵地で行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第4戦で2点を追う7回に4番手で登板し、1回無安打無失点1奪三振と快投した。全10球で3者凡退に抑える快投。

カブス相手に好リリーフをみせたドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
カブス相手に好リリーフをみせたドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

10球中9球がストライクの快投、ブルペンの“切り札”として躍動

 ドジャースの前田健太投手は18日(日本時間19日)、敵地で行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第4戦で2点を追う7回に4番手で登板し、1回無安打無失点1奪三振と快投した。全10球で3者凡退に抑える快投。9球がストライクという圧巻の投球だった。ポストシーズン(PS)に入ってからブルペンに回り、“切り札”として躍動する右腕は4試合連続無失点で、12打者を完璧に抑え込んでいる。

ドジャースは17日(同18日)の第3戦をダルビッシュの好投で制し、3連勝で王手をかけてこの一戦に臨んだ。しかし、先発ウッドが3本のソロ本塁打を浴びて5回途中3失点で降板。一方、打線は相手先発アリエッタの前に3回のベリンジャーのソロ弾による1得点のみで、2点ビハインドで終盤を迎えた。

前田は1-3で迎えた7回にマウンドへ。先頭コントレラスは3球三振に仕留めた。ラッセルも2球で追い込み、3球目のスライダーを打たせて遊ゴロ。そして、この試合2本塁打を放っているバエスも2球で追い込み、1球ボールの後、外角低めへのスライダーで中飛に仕留めた。

プレーオフに入ってからブルペンに回っている前田は、ここまで地区シリーズ2試合、リーグ優勝決定シリーズ1試合の計3試合に登板し、打者9人を完璧に抑える快投を披露。世界一を目指すドジャースの“切り札”として圧巻の投球を続け、絶賛されている。これでプレーオフは4試合連続無失点となった。

ドジャースは直後にターナーのソロ弾で1点を返すも、2-3で敗戦。ポストシーズン7試合目で初黒星を喫し、29年ぶりのワールドシリーズ進出はお預けとなった。昨季世界一のカブスは逆転でのワールドシリーズ進出へ向けて初勝利を挙げ、対戦成績はドジャースの3勝1敗となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング