野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天が2連勝と好発進、ホークスOB斉藤和巳氏が見る勝敗分けたポイントとは

初戦は3-2、第2戦は2-1。いずれも接戦となった2戦の勝敗を分けたのは、どこだったのか。ソフトバンクOBの斉藤和巳氏は、楽天先発陣の奮闘と、ミスが起きた状況の違いを挙げた。

元ソフトバンクのエース右腕・斉藤和巳氏【写真:編集部】
元ソフトバンクのエース右腕・斉藤和巳氏【写真:編集部】

「ミスが起こる場面や状況の違いが、勝敗を分けましたね」

 クライマックスシリーズ・ファイナルステージは、楽天がソフトバンクに2連勝し、対戦成績を2勝1敗とリードした。ファーストステージで2位西武を下した楽天が、勢いをそのままに先制。今季は94勝49敗と圧倒的な成績でリーグ優勝を果たしたソフトバンクにとっては、まさかの2連敗スタートとなった。

 初戦は3-2、第2戦は2-1。いずれも接戦となった2戦の勝敗を分けたのは、どこだったのか。ソフトバンクOBの斉藤和巳氏は、楽天先発陣の奮闘と、ミスが起きた状況の違いを挙げた。

「楽天は1戦目の塩見、2戦目の辛島と、先発2人がよく頑張りましたね。ソフトバンク打線は一度ノったら止まらなくなる。その打線を抑えて、接戦に持ち込めば勝機が見えるという中で、狙い通りの試合運びができたと言えるでしょう。

 ミスが起きた場面の違いも大きかったですね。象徴的だったのは、送りバントを失敗した場面。ソフトバンクにとって痛かったのは、1-1で迎えた6回の失敗でした。先頭今宮が二塁打で出て、無死二塁のチャンスを作った。ここで中村晃が送りバント失敗。次は前の打席にホームランを打った内川が打席を迎える場面だっただけに、走者が三塁に進んでいれば、犠牲フライでも勝ち越し点が入った。これは決めておきたかったですね。

 楽天も3回無死一塁で茂木が送りバントに失敗しましたが、1点をリードしている場面だったし、次の藤田がしっかり送った。もちろん追加点が欲しい場面でした。それでも試合の序盤だったし、まだ何とかなる場面でしたよね。

 野球にミスは付きもの。だけど、そのミスが起こる場面や状況の違いが、勝敗を分けましたね。ソフトバンクは、この2戦の負けに1点差以上の重さを感じていると思います」

人気記事ランキング