野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

内川の3ランでソフトBが再々逆転 左翼席中段へ3試合連続アーチ

ソフトバンクが、またも試合をひっくり返した。20日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦。2-3と1点ビハインドで迎えた3回、4番の内川が3戦連発となるアーチを放って再々逆転に成功した。

3回に本塁打を放ったソフトバンク・内川【写真:(C)PLM】
3回に本塁打を放ったソフトバンク・内川【写真:(C)PLM】

第3戦は序盤から点の取り合いに

 ソフトバンクが、またも試合をひっくり返した。20日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦。2-3と1点ビハインドで迎えた3回、4番の内川が3戦連発となるアーチを放って再々逆転に成功した。

 この回先頭の城所が一塁線を破る二塁打で出塁すると、デスパイネが四球を選び、無死一、二塁とチャンスを拡大。ここで打席に立った内川が則本の初球のカーブを捉えた。

 快音を残した打球はホームの大歓声の後押しを受け、左翼席中段へと飛び込んだ。逆転3ラン。初戦、2戦目と2試合連続でソロ本塁打を放っていた好調の4番が3戦連発となるアーチで、2点のリードを奪った。

人気記事ランキング