野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAラミレス監督、継投ズバリで2勝2敗も「まだ上にいったわけではない」

DeNAラミレス監督、継投ズバリで2勝2敗も「まだ上にいったわけではない」

横浜DeNAが20日にマツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦に1-0で勝利し、アドバンテージを含めた対戦成績を2勝2敗の五分とした。

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

小刻みな継投で無失点リレー演出、井納のV打には「それも野球だよね」

 横浜DeNAが20日にマツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦に1-0で勝利し、アドバンテージを含めた対戦成績を2勝2敗の五分とした。

「去年よりも1試合早く勝てたのは自信になる」と、試合前に前夜と同じ言葉を繰り返したラミレス監督が、執念の継投で1点を守り切った。

「井納が素晴らしい投球をして試合を作ってくれた」と先発右腕が5回まで無失点でしのぐと、「後半は緊迫した展開になったが、リリーフが1点を守ってくれた」と6回から小刻みな継投を見せた。1点リードの6回、1死から菊池と丸の連打で一、二塁とされると、4番に入ったバティスタに対して三上を投入し、セカンドフライに打ち取った。続く左の松山には砂田を起用し、四球に終わると、今度はエルドレッドに対して須田を投入し、得点を許さなかった。

 一人一殺の継投について、ラミレス監督は「バティスタは非常に危険な打者。スマートな選手なので、3打席目は対応してくると思った。他の選手も2打席目、3打席目となると、打たれる確率が高くなるので、あの継投になった」と、ズバリ当たった采配を説明した。

 決勝点となった井納のタイムリーについて問われると「それも野球だよね」と不敵な笑みを見せたラミレス監督。連勝でアドバンテージも含めた対戦成績を2勝2敗のタイとしたが「まだこちらが上にいったわけではない。またしっかり準備して、明日からもいいゲームができるようにしたい」と、あくまで挑戦者の立場をアピールした。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング