野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、拙攻繰り返して完封負け 緒方監督「こういうゲームは自分の責任」

送りバント失敗を含む3併殺など、拙攻を繰り返しての完封負けに、緒方監督は「こういう僅差のゲームは、自分の責任だと思っている」と、選手を責めることはなかった。

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

選手起用は不発、仕掛けた作戦はことごとく裏目で2勝2敗に

 広島は20日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦のDeNA戦に0-1で敗れ、アドバンテージを含めた対戦成績が2勝2敗となった。送りバント失敗を含む3併殺など、拙攻を繰り返しての完封負けに、緒方監督は「こういう僅差のゲームは、自分の責任だと思っている」と、選手を責めることはなかった。

「1点が遠かったね」と、緒方監督が会見で切り出したように、3者凡退は2イニングのみだったが、随所でミスが目立ち、決定打を欠くもどかしい展開だった。第2戦までノーヒットだった松山を5番に下げ、代わりに4番に入ったバティスタが4打数無安打に終わり、ジョンソンの先発で今シリーズ初のスタメンマスクとなった石原も3打席無安打と、選手起用も不発に終わった。

 2回の1死一、二塁のチャンスでは併殺打、4回と7回には無死一塁でいずれも送りバントを失敗した石原は「僕のせいで負けた」と悔しそうな表情で、足早にロッカールームに消えた。8回にも先頭の田中が四球で出塁したが、続く菊池のバスターは最悪の併殺打となるなど、仕掛けた作戦がことごとく裏目に出た。

 緒方監督は「ジョンソンが5回まで1点に抑えて、その後はリリーフがしっかり抑えて形は作った」と1失点の投手陣を評価した。嫌な雰囲気での完封負けで対戦成績は2勝2敗と五分となったが、指揮官は「選手はしっかり切り替えて、いつもと同じように一戦一戦の気持ちで思い切ってプレーしてくれればいい」と前を向き、「みんな集中してやっているし、明日からまだまだ取り返すチャンスはある」と連覇を果たした「頼もしい選手たち」の巻き返しに期待した。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング