野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、岸でも落として連敗 救援陣が逆転許すも「負担をかけてしまってる」

苦しい投球だった。初回はわずか9球で3者凡退に打ち取り、状態はいいかと思われた。だが、2回につかまった。

楽天・岸孝之【写真:荒川祐史】
楽天・岸孝之【写真:荒川祐史】

ボール先行で5回92球で降板、連勝の後の連敗で王手をかけられる

 楽天が、二本柱で連敗を喫して崖っぷちに追い込まれた。21日のソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第4戦。先発マウンドに上がった岸孝之投手は5回5安打2失点で降板。リリーフ陣がソフトバンク打線につかまって逆転を許し、3-4で敗れた。これで対戦成績は2勝3敗となり、ソフトバンクに日本シリーズに王手をかけられた。

 苦しい投球だった。初回はわずか9球で3者凡退に打ち取り、状態はいいかと思われた。だが、2回につかまった。先頭の内川に右前安打を許すと、2死二塁となってから長谷川勇に粘られた末に左翼線への適時二塁打を浴びた。このファイナルステージで初めて先に点を奪われた。

 3回にはデスパイネにソロ本塁打を被弾して2失点。5安打とそれほど打たれたわけではないものの、武器のコントロールが乱れ、ボールが先行。苦しい状況での投球が続いた。5回を投げ終え、球数が92球となり、1点をリードした状況で降板。あとを受けた2番手の宋家豪が2本のソロを浴び、試合をひっくり返された。

 早いイニングでの降板となり、チームも敗れ、試合後の右腕は「良くないなりに、2点でよくおさまったなと思いますけど、5回で代わっているんで。ここまで緊張感ある中で、中継ぎ陣に負担をかけてしまっている」と言葉少なに帰りのバスへと乗り込んでいった。

 塩見、辛島で連勝しながら、則本、岸の二本柱でまさかの連敗を喫した楽天。もう負けは許されない。美馬学が先発する第5戦。何としても、勝たなければいけない。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング