野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

連敗発進からの3連勝 鷹が大逆転でつかんだ2年ぶりの日本シリーズ切符

最後は勢いも、チーム力も、2017年リーグ覇者の姿だった。福岡ソフトバンクが楽天を下し、4勝2敗で2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。2連敗からの3連勝(1勝は優勝チームのアドバンテージ)。ナインから胴上げされ、7度宙に舞った工藤監督は「うれしいです。この福岡の地で胴上げをしていただいて、こんなに幸せな男は、福岡に僕だけだと思います」と笑顔を振りまいた。

日本S進出を決め、会見に出席したソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
日本S進出を決め、会見に出席したソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

楽天に2連敗から3連勝、日本シリーズ進出決めたソフトバンク

 最後は勢いも、チーム力も、2017年リーグ覇者の姿だった。福岡ソフトバンクが楽天を下し、4勝2敗で2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。2連敗からの3連勝(1勝は優勝チームのアドバンテージ)。ナインから胴上げされ、7度宙に舞った工藤監督は「うれしいです。この福岡の地で胴上げをしていただいて、こんなに幸せな男は、福岡に僕だけだと思います」と笑顔を振りまいた。

 日本シリーズ進出を決めようという試合で、試合開始前から福岡のボルテージが最高潮になった。「1番・中堅、柳田」。右わき腹の肉離れなどで戦線離脱中だった男の電撃復帰。今季、内川の離脱後に4番に座り、打率.310、31本塁打、99打点という成績を残し、リーグ優勝に貢献した。復帰間近と言われていたが、この日、試合前の打撃練習後に工藤監督が本人と話し合って決断。「福岡のファンの方にとっても一番燃えるんじゃないかと。1番で出てもらうことにしました」。起爆剤としても期待し、スタメン起用を決めた。

 その柳田、復帰初打席は遊撃への内野安打といきなり仕事。出塁した柳田を、1死一、三塁から4番の内川が犠飛を放ってきっちりかえした。今季の4番を務めた2人で決めた先制点。さらに手を休めることなく、2死一、三塁で“熱男”松田が2点適時二塁打で追加点。大きな3得点が初回に入った。

 さらに4回無死一塁から松田が左中間へ2ランを放って相手先発・美馬をKOすると、2死二塁から柳田が、右翼へ鋭い適時打を放った。柳田は復帰戦で2安打1打点と申し分ない結果。柳田の復帰に引っ張られるように、常勝軍団が大事な試合で完全に目覚めた。

人気記事ランキング